1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシアの大学に通う留学生の一日の出費

マレーシアの大学に通う留学生の一日の出費

マレーシアに留学しよう!

と思った時に、やはり気になってくるポイントは、”金銭面” ですよね。マレーシアの物価は、日本の約三分の一と言われています。

ですが、本当にそんなに安く済むのでしょうか。

そこで、マレーシアの現地の大学に通っている学生が”一日の出費” に焦点を当てて、どのような生活を送っているか私のリアルな留学生活を紹介しようと思います!(RM1=28円で計算してます。)

マレーシアの大学に通う学生の一日

リアルな留学生活を紹介していきます!

朝ごはん編

私は、朝起きたらコーヒーを飲みたい派の人です。

ですが、マレーシアの物価に慣れた学生目線で見ると、コーヒーが結構高いんです。

例) Starbucks – Americano (Grande) RM10.4 (約300円)
-Caffe Latte (Grande) RM 14.5(約400円)

一見安いじゃんって思うかもしれませんが、マレーシアでは大体一食の値段がRM5-15 なのでコーヒー1杯で一食分の値段!!

さすがに毎日は飲めないので、私はNescafe ドルチェグストというコーヒーマシーンを買って大体1杯 RM2弱(約50円)のを朝飲んでいます。

それと食パンか前日に買って来たパンRM3-5 (約80-140円)を一緒に!

時間がない時や朝早い時は、通学路にあるカフェの朝食セットRM10 (約280円)をテイクアウトするかファミマのおにぎり!! RM5 (約140円)を買って教室で食べています!

計:朝ごはん=RM5-10 (約140-280円)

交通費編

留学生は、徒歩圏に済むことが多いのですが、私は大学の最寄りから3駅隣の駅に住んでいて電車通学しています。

学生は、学生パスを作ると電車(KL express以外)・バスが半額!!

3駅=通常料金RM2 (約60円) =学生料金RM1 (約28円)

計:交通費編=往復 RM2 (約60円)

昼ごはん編

お昼ご飯は、基本的に大学の友達と空き時間や授業後に食べに行きます。

私の大学は、食堂がとても狭いので、基本的にみんな学校の外の飲食店にいくスタイルです!

大学があるSS15 周辺には、たくさんご飯屋さんがありその日の気分でパスタ系、ファーストフード、マレーシアのご飯の大体三パターンから選んでいます。

ランチセットがあるお店が多く大体RM10-15(約 280-420円)!!

私の一番のおすすめは、チキンライス!! スープ付きでRM6 (約168円)!!安い!

計:お昼ご飯=RM10-15(約 280-420円)

間食編

マレーシアの大学では、基本的に授業中の飲み食いが自由です。

私の友達は、マクドナルドやタピオカを片手に友達のクラスにはカップラーメンを食べ始めた人もいると聞いたことがあります。笑

私は週に2〜3回タピオカかスムージー系を飲みます。

私の大学があるSS15 はタピオカ激戦区でタピオカ屋さんだけでも10件以上も。。。

私が一番飲むのは、日本にもあるこの鹿のマークのタピオカ、The Alley (ジアレー)!

写真は、黒糖ミルクタピオカRM13 (約360円)。

ですがいつも飲むのは、ロイヤルミルクティータピオカRM9 (約252円)

日本のタピオカ屋さんと比べると半額です!しかも行列ほぼなし!!

計:間食=RM10 (約280円)


夕食編

私は今一人暮らしをしているため、外食と自炊が半々。

という感じになっています。

大学の寮に住んでいる場合、火災予防のためキッチンがないので基本的に外食です。

私の自炊の場合は、日本からご飯や調味料を持って来ているのでご飯を炊いて、カレーや麻婆豆腐を作る、というゆるゆるご飯。

なので、実際にかかるお金は、野菜やお肉などの材料だけです。

日本の調味料をマレーシアで揃えようとすると、輸入品なので 1.5 – 2倍の値段します。

自炊で、節約したい人は、日本からまとめて持ってくるのがおすすめです!

乳製品も高いので、牛乳、チーズなどたくさん使う料理は高くつきますが大体RM10-15 (約 280-420円)で収まると思います。

外食の場合は、何を食べるかによりますが韓国・日本料理=RM20-50 (約560-1400円)

ローカルのご飯屋さん=RM10 (約280円)

私が一番好きなローカルのご飯屋さんで食べる夕食は、チャークイテオ!RM8 (約230円)

脂っこい料理なので食べすぎないように気をつけています。

計:夕食=RM 10-40 (約280-1120円)

夜食編

マレーシアの学生は、夜行性の人がとーーっても多いです。

大体 22-24時の間に ”makan? (マレー語で ”食べる” )”と集合がかかります。笑

22時過ぎには、カフェやレストランがもうしまっているので、ほとんどの学生は24営業のインド系のムスリム食堂、通称 ”ママック” に!!

ここでは、Roti系 (薄いナン) RM1-4 (約28-112円)や

インドミー (インドネシアの炒め麺) RM5 (約140円)など

中でも比較的軽めのものを食べています。たまに炒飯のような、ガッツリ系もいきますが、、!

そして間食で紹介したタピオカも深夜 1-2 時までやっているのでタピオカを飲みにいくことも多いです!!

計:夜食=RM10 (約280円)

マレーシア大学生の1日にかかるお金のまとめ

日によってだいぶ差がありますが

1日の平均支出額は、RM35-40 (約980 -1120 円)!

かからない日は、RM15 (約420円)以内に済む日もありますし日本食などを食べて贅沢した日は、RM60 (約1700円)かかる日もあります。

平日:1日にかかるお金=1日の食費
土日:週末に出かけた時は、食費、移動のタクシー代、生活用品などのお買いもの代などがかかるので、平日より少し高くつきます。

私の場合、毎月つけている家計簿を見ると、食費が半分以上を締めます。

マレーシア生活で節約したい方は、日本から食材を持ってきたり、ローカル料理をせめてみたり間食・夜食などを調節したりすると、支出を抑えていくことができると思います。

ですが、気をつけたいのは、安くて美味しいマレーシアのローカル料理は、カロリーが高いものが多く、太りやすいです!!食べすぎ注意!!

以上、大学生が書く、マレーシアでかかるリアルな1日の出費でした!!

The following two tabs change content below.
アバター
98年生まれの転勤族育ち。高校卒業後に語学コースなどを経て、マレーシアの大学 INTI international University に入学。マレーシアでの大学留学生活を中心に、20 代の方がマレーシア生活で役立ちそうな情報を紹介していきます!

関連記事