1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシアでの交通費節約に最適な乗り換えアプリ!

マレーシアでの交通費節約に最適な乗り換えアプリ!

日本より安いとは言え、1人で移動することが多いと意外と嵩んでしまうGrab代金。

マレーシアは、電車やバスの公共交通機関の交通費がとても安いです。日本の感覚に例えると、マレーシアの大人料金は、日本の子供料金の半額程のため交通費は安く抑えることができます。

そんな費用が抑えられる電車やバスで移動すれば、交通費の出費が5分の1程に抑えられちゃいます。

ですが、公共交通機関を使う難点は、どの電車・バスに乗れば分からない、という所です。

マレーシアに移住したての多くの人はまず乗り方がわからないと言われている方も結構多くいらっしゃるようでGrabで済ませてしまっているという人もいます。

ただ1度使ってしまえば、安く費用も抑えることができ便利な面も多くあるので知っておいて損はないと思います!

そんな時に使える無料アプリは、Moovit です!乗る電車やバスのルート、時刻表、バス停の位置までも出してくれちゃう、便利アプリです!

このアプリを駆使すると、1人行動の際、grabしかなかった選択肢も、一気に広がります!

それでは、この便利アプリの使い方をしていきます!

マレーシアでは便利なサービスがどんどん普及し、生活が本当にしやすくなっています!

マレーシアで乗り換えアプリにはMoovitを使おう!

まず、ご紹介するのはこちらの乗り換えアプリです!

Moovitのアプリダウンロード

乗り換えアプリは、沢山ありますがMoovit はこちら、
iPhone :https://apps.apple.com/my/app/moovit-public-transport-live/id498477945
スマホ:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tranzmate&hl=ja

このアプリは、イスラエル発のアプリで、現在は、90ヶ国以上に対応しています。マレーシアだけでもなく、他の国に旅行に行くときにも使えちゃう万能アプリです。

マレーシアの公共交通機関(LRT ・KTM・MRT・バス・徒歩)を使ったルートを現在地から到着地までの候補をいくつか出してくれます。

Moovitを使うメリット

Google mapや他の乗り換えアプリと比べてのメリットを上げていきたいと思います。

グーグルよりも、最速ルートの表示をしてくれる
乗る電車が何番線、何階にあるかの表示
乗る電車・バスの時刻表をみれる
バス停、駅の写真がある
乗り換えのルートがわからなくても、ナビで案内してくれる

上記のような、細かい記載があります。初めての方でも現在地をオンにしていれば、誘導してもらえるので、迷子になりにくいです。

グーグルマップ VS moovit

今回は、”私の通っている大学から⇨1モントキアラ のモールに行きたい時” の例をとって比べてみたいと思います。

<Google mapの場合>

Google map もとても便利ですが、moovitと比べると遠回りのルート、時間がかかるルートがでてきます。

結果は、約2時間かかるルートの表示が一番最速でした。何行き、何分乗る、何駅止まる、などの最低限の表示はあります。

ですが、それ以上の何番線から乗るなどの細かい説明の表示がありません。慣れている方は、大丈夫かもしれませんが、マレーシアが初めての方や慣れていない方は、迷ってしまう可能性が高いと思います。

<Moovitの場合>

Moovit の最速は、90分。Google よりも30分早いルートが出てきました。

バスは時間通りに来ないものだと思っているので、バスからバスへの乗り換えを省いて、一番早い、最後のLRT→MRT→ バスのルートの一部分をとりました。

Moovit を使った場合は、何階にあるどの線に乗るのか、どこの出口から出て、何番のバスに乗るのかなど初めての方でもわかりやすいように表示されています。

一部を切り取って、細かく説明していくと

① ここの緑枠は何線か、何行きの電車に乗るかが記載されています。この場合は、MRT線のSungai Buloh 行き。

② 何番線に着く電車に乗るか、何階にあるホームに行けばいいか。

③ この電車の時刻表。水色のMore detailsを押すと時刻表の一覧が出てきます。

④ 降りる駅名。”Pusat Bandar Damansara”

⑤自分の乗った駅〜降りる駅の駅名一覧。間に何駅あるか、何分間乗るのか。

⑥電車降りた後の、次の目的地と目的地の写真。それが、何m先か, 何分かかるかの表示もあります。この場合は、B出口にあるバス停、MRT Pusat Bandar Damansaraまで駅に降りてから、60m 歩き、1分かかる。と言う表示がされています。

⑦電車から降りて、道順の説明。わからない場合は、文字をタッチすると、地図に代わり、今の現在地からの道順案内をしてくれます。

こうみてみると、Moovit の方がはるかに機能性が高いのがよくわかります。

マレーシアの公共交通機関について

公共交通機関を使う時の注意

マレーシアで公共交通機関を使う時に一番注意してほしいポイントは2つ。

1、電車、バスが時間通りにこない事

”一応” 時刻表はありますが、ないようなものだと思ってください。だと思ってください。

特にバスは始発ではない限り、時間通りに来ません。時間に余裕を持って少し早めに行きましょう!

2、タクシーの倍以上時間がかかる事

前回の例をとって、私の大学があるss15からモントキアラまで、
Grab、タクシー= 25分
電車、バス =90分

マレーシアの電車は、快速などがなく、全部各駅停車です。なので時間がかかります。。

公共交通機関を使うと安いか

マレーシアの公共交通機関は時間がかかりますが、交通費はとても安いです。

Grab、タクシー= RM 23(約 620円)
電車、バス =大人 RM 6.4 (約 170円)
学生パス= 半額なので、RM3.2 (約85円)

グラブの4分の1で、目的地まで行けちゃいます。特にハイデマンドや渋滞でグラブが高いともっとお得に乗れちゃいます。

マレーシアの乗り換えアプリ

時間に余裕があり、お金を節約したい方は、公共交通機関を駆使すると、大幅に交通費・グラブ代を抑えることができます!

ですが、やはり難点は時間がかかりることです。特にバスを使う場合はいつくるかわからないので、バスが時間通りくることを願うのみです。。。

2人以上の場合や短距離の場合は、グラブの方が安かったり、効率が良かったりするので、その状況に応じて、いい選択をして下さい!

日本ほど電車などは難しくなく、路線も多くないので、これからマレーシアにこられる予定の方も、すぐに慣れると思います!マレーシアの交通機関をうまく使って、効率良いマレーシア生活を送っていきましょう!

The following two tabs change content below.
アバター
98年生まれの転勤族育ち。高校卒業後に語学コースなどを経て、マレーシアの大学 INTI international University に入学。マレーシアでの大学留学生活を中心に、20 代の方がマレーシア生活で役立ちそうな情報を紹介していきます!

関連記事