1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシアでのデリバリーは、Grab Foodが便利!

マレーシアでのデリバリーは、Grab Foodが便利!

夜お腹が空いたり、外に行くの、作るのが面倒だなと思う日もありますよね。

そんな日に活躍しちゃうのが、grabです。他にもマレーシアにはフードパンダなどの、デリバリーサービスがありますが、グラブで頼むメリットは、グラブのポイントがつくのと、ドライバーの追跡情報が常に見れる事です。

配達料は一律RM5 (約130円)で、グラブペイでの支払いになります。

以前は、配車のグラブアプリとは別にグラブフードのアプリがありましたが、それはなくなり、現在は配車アプリのグラブの中の一部に ”grab food” という欄が設けられ、1つのアプリでできる様になりました。

Grabアプリの始め方に関してはこちら。

Grab foodを使おう!

それでは、grab food の使い方を紹介していきます!

グラブフードを使う前の準備・注意点

まずは、グラブのアプリをダウンロードしていただき、その次のステップとして、グラブペイの登録です。グラブフードで食べ物を頼むの際には、グラブペイのみになっているので、グラブペイの登録は必須になります。

そしてグラブフードを使う注意点は2つ。

注文している間は、配車アプリの利用ができなくなります。商品が届いた時点で、使える様になります。2つ目の注意点は、1つのアカウントでに頼めるのは、1店舗までになっています。なので、他のお店のも頼みたいときはに友達にお願いするか、商品が届いてから他の注文を始めましょう!

注文・受け取り方法

グラブのアプリを開いてもらって、配車の “car” の横にある ”food” を押して下さい。そうすると、自分の現在地に基づいて配達してくれる下の様なお店の一覧が出てきます。

”Deliver to ” のところを押してもらえば、配達先を変えられます。ラマダン中の19時20分前後などは、配達してくれる人がいないためか、たまに使えない時もあります。。

その下の大きい写真は、プロモーションの宣伝、その下はカテゴリー選択、その下はズラーとお店の一覧が出てきます。お店の名前と一緒に、お店までの距離と配達時間の目安が記載されています。

私の家の周辺にはタピオカ屋さんがない為、どうしても飲みたくなった時は、デリバリーでタピオカを頼んでいます。その場合、頼むものが決まっているので、カテゴリー検索をします。カテゴリーから “Bubble tea (タピオカ)” の欄を選択し、一覧で表示されたお店から選ぶ形になります。

自分の頼みたいお店の選択、商品を選択を終えると、下の様な支払い前の確認ページにいきます。

基本的に配達料はRM5 (約130円)です。日本で今流行っているuber eats の送料が 260~570円なので、それと比べてみると、配達料が半額です。

プロモーションがある事が多く、プロモがある場合は、”Add a promo” にプロモーションコードの入力をします。すると下に値引き後の価格が再表示されます。最低RM25以上の注文をすれば、適用されるプローモーションが多いです。トップページのプロモーションに表示されている プロモーションの宣伝で気になるものをタッチすれば、詳細画面に行くのでそこで条件の確認ができます。

注文内容の確認が終わり、注文するときは一番下の “Place order” を押します。そうするとドライバー探しとお店に注文が送られます。終わり次第、次の到着目安時間、ドライバーの詳細と現在地、注文内容に画面に行きます。あとは、商品が届くのを待つだけです。

ドライバーの現在地の表示は、車マークがバイクになっただけで、配車のグラブと変わりません。

バイクに緑色のGrab foodのカゴをつけた運転手が届けに来てくれます。名前を聞かれ、商品を受け取ります。 そこで中身の確認をしっかりしましょう。支払いは、グラブペイで行なっている為、受け取りに行くときは、携帯だけ持っていけばオッケーです。


注文が違った場合は?

私が今まで注文して、注文内容が間違えていた事が1回だけありました。

タピオカのLargeサイズがRegular になっていて、受け取るときにしっかり確認していなかった私も悪いんですが、注文履歴から “Report an issue (問題を報告する)” を押してもらい、写真付きで間違っていたことを報告しました。

その数時間後のその日の夜に、グラブ側からお店側と確認します、と連絡をいただきました。次の日のお昼には、お店側との確認が取れた為、注文分の商品の返金がグラブペイで返ってきました。マレーシアだとは思えない、とても迅速な対応で、とてもびっくりしました。

Grab food のまとめ

営業時間の関係で22時ごろに注文できるお店が減り始めてきます。住んでる場所によって変わってきますが、日によって、夜中までオーダーできる日もあれば、受付店舗がゼロな日もあり、少し波が激しいです。。泣 今までマレーシアでデリバリーといば、food panda が主流でしたが、個人的に今はgrab foodの方が見かける事が多いかなと思います。

ポイントはRm1につき、メンバー・シルバーは3ポイント、ゴールドは4.5ポイント、プラチナは6ポイントいなっています。

操作方法も簡単なので、疲れた日やデリバリーの気分の日は、ぜひGrab Food を使ってみてください!

Grabアプリに関しての気を付けるポイントやお得な使い方はこちらご参照下さい♪

The following two tabs change content below.
アバター
98年生まれの転勤族育ち。高校卒業後に語学コースなどを経て、マレーシアの大学 INTI international University に入学。マレーシアでの大学留学生活を中心に、20 代の方がマレーシア生活で役立ちそうな情報を紹介していきます!

関連記事