1. HOME
  2. ブログ
  3. クアラルンプールから行く感動のリぺ島旅行!

クアラルンプールから行く感動のリぺ島旅行!

マレーシアに住み始めた人にとって楽しみの一つになることが多い旅行!!

国内でも山や海の行き先が充実してますし、エアアジアのお陰でとても安いフライトで近隣諸国に行って海外旅行を楽しむことができます。

私の友人も、人によっては月に2回はマレーシア国内外の旅行に行ってるんじゃないか?

と思うくらい、旅行狂がいて、たぶんインスタとかで見ると、いいご身分だな・・・

と思われることがあるんじゃないかと思うくらい頻繁にフライトを伴う旅行に行ってもそれほどコストはかかりません。

マレーシアから行けるまさに超おすすめの島の紹介記事となります。他にもたくさん魅力的な行き先はありますが、今回はタイのリぺ島を紹介となります。

リぺ島を紹介します!

東南アジアでもトップレベルにきれいなリぺ島の海

海に行くからにはやっぱり海がきれいなことが期待されますよね!?リぺ島は海の保全にも力をいれているので観光客によるダメージが少なく、その自然のままのきれいさが残っている島で、何度も言いますがマレーシアから行けるのも魅力です!

どれだけきれなのかは口で言っても伝わらないので、写真で少しでも伝わればうれしいです!

 

実際にみると5割増しできれいだと思います♪あまりにきれいなので、1カ月くらいいたくなりました。そこまでいるとなんか頭の中がお花畑になってきそうですが(笑)

リぺ島の地理

実はあまり大きくない島で、主要ビーチは3つにわかれています。

 

基本どこいっても楽しいのでどこに行けということはないんですが、大きく分けるとビーチエリア地図の外側、と町があってバーなどがある内側に分けられ、移動はバイクタクシーが主流です。のんびり歩いても地図を見ながら歩けばそれなりに行きたい場所たどり着けるので、ビーチ沿いの徒歩散策もおすすめです♪

個人的にはサンライズビーチが一番好きでしたが、他にここ!というおすすめがなスポットやお店があれば教えて下さい♪

注意点として、暗くなってくると、本当に電気がないエリアもあるので、薄暗くなってから検討もつかない方向に向かって歩くのはやめましょう。

リぺ島の宿泊施設

島内には、おしゃれホテルからロッジタイプ、バックパッカー用の宿泊施設など、沢山のホテルがあるので自分のバジェットに応じて選ぶことができるはずです。ただ、観光客が集まるハイシーズン(11月~4月)はなるべく早めに宿を抑えるようにしましょう。

 

リぺ島に実際に行くと感じることですが、変な周りに迷惑をかけるような観光客は極端に少なかった気がします。というか全く見ていない気がします。

旅慣れた人達が集まるような島と言え、混んでもあまり悪い気分になるようなことはないとは思いますが、宿を早めにとることだけは忘れずに!!

クアラルンプールからリぺ島への行き方

リぺ島は行きやすいと上記で言っていますが、クアラルンプールからダイレクトに行けるわけではありません。おすすめのリぺ島へ向かう方法が以下になります。

注意したいフェリーとフライトの予約

クアラルンプールからリぺ島に行くためにはランカウイ島を経由することになります。

大まかな説明としては、

クアラルンプール→(フライト)→ランカウイ島→(フェリー)→リぺ島になります。ここで気を付けないといけないのは、ランカウイ到着時間とリぺ島行のフェリーの出発時です。

普段経験することはなかなかないのですが、船着き場にパスポートコントロールがあり、船着き場で空港のように出国手続きをする流れとなるため時間に余裕を持つことをおすすめします。

フェリーの予約はこちらでできるので(https://telaga-terminal.com/)フェリーの時刻表をみつつ、同時に、クアラルンプールからランカウイのフライトを予約するのがおすすめです。もちろん余裕をもってランカウイに前泊というのもキャンです。

ランカウイで余裕を持とう

ランカウイから出るフェリー乗り場にタクシーなどで移動する場合、物凄い遠いわけではないのですが、フライトの遅延等々も考えると、のんびり向かうくらいの気持ちで予定を組む方が良いのではと思います。

ランカウイはランカウイでリゾートですし、待っている時間も気持ちよく待てるので、事前の旅程の時点で少し頭を使っておくと当日バタバタしないはずです。

旅行に行くなら絶対おすすめのリぺ島

私自身はそれなりに多くの島に行ったことがあるんですが、クアラルンプールから比較的簡単にいける島としてはTOP3に入るきれいさだと思っています。コストパフォーマンスという要素も入れると、リぺ島は個人的1位になります。

マレーシアに就職された方も、旅行中の方も、もし時間があるなら是非少し足を延ばしてこのリぺ島にも行ってみてほしいです!

最後のおすすめポイントとして、リぺに行くなら3泊はしてほしいです。最高に良すぎて2泊は物足りないかもしれません♪

The following two tabs change content below.
かっしー
マレーシア金融庁公認ファイナンシャルアドバイザー。マレーシアの魅力と現地のリアルな情報を伝えられればと思いマイアジで記事を書いています。【かっしーブログ】も是非ご参考下さい!

関連記事