1. HOME
  2. ブログ
  3. 世界から旅行者が集まるマレーシアの観光名所トップ20

世界から旅行者が集まるマレーシアの観光名所トップ20

マレーシアは海外旅行の行き先の1つとして日本人にも人気ですが、これは他の国の人達にとっても同様で、毎年2,500万人の観光客がマレーシアを訪れています。

ちょっと調べてみたところ、日本人の観光客に人気のエリア・観光スポットと、他の国からマレーシアに来る人達のスポットの人気に大きな隔たりがありました。

今回の記事では、敢えて日本人に絞ってではなく、世界各国から来る旅行者にとって、マレーシアの何が・どこが人気なのかをランキングで紹介していきます!

私自身も行ったことが無い場所もランクインしており、一度は行ってみたいな、、、と思う場所もちらほら。

これからマレーシアに来る人も、何度も来たことがある人も是非参考にして頂ければと思います。

では早速20位からスタート!!

マレーシアの観光名所20位~11位

第20位:Batu Caves


この場所では、ヒンドゥーの文化を全面で感じることができます。巨大な洞窟に向かって272段の階段を登っていくことになりますが、まさに西遊記にでてくる猿山のようでもあり、自然と神秘性にあふれる観光地です。

インド本国を除けば、ヒンドゥー寺院として世界で最も観光客が訪れている場所でもあります。

タイプーサムの日には数千もの信仰者が集まり、お祭りと儀式が行われています。その日に目の当たりにするのは、日本では絶対見ることができない光景です・・・。

(私は怖くてみれません汗)

なかなか激しい儀式が執り行われます。アジア・インドの文化を感じられるので、全てを見るためには是非タイプーサムの日に行ってみて下さい♪

写真にもある、金色の像がBatu Cavesのシンボルです。

第19位:Semenggoh Nature Reserve


ここでは救出されたオランウータンが自然の中で自力で生きていけるように育てるための保護区です。

保護区であることもあり、実に多くのオランウータンがこの区域では生息しています。

午前と午後にこの区域に生息するオランウータンに餌を与える時間があるので、もっとも間近で見ることができのはその時間になります。

オランウータンだけでなく、熱帯気候特有の現地の鳥の保護区もあり、壮大な自然とマレーシアでしか見られない生き物を見ることができるので、本当の自然を家族で体験するのにぴったりです。

第18位:North Borneo Railway


旅行者が1900年代の蒸気機関車にのって過去に遡れる観光スポットです。

この機関車に乗って現地の村々や広大な田畑やそこに生活する水牛などを見て楽しむことができます。

機関車内では食事をとることができ、とてものんびりと蒸気機関車の乗車体験をすることができます。電車マニアは一度はチェックしないといけない!(?)観光スポットです。

蒸気機関車が走るのは水曜と土曜日ですが、蒸気機関車に乗ることを目的としている場合は念のため走行日を事前に確認してください。

第17位:Bukit Bintang


日本語のガイドブックに間違いなくのっているクアラルンプールの中心市街がブキビンタン(ブキット・ビンタン)になります。

世界トップレベルの巨大モールがあったり、ブランドストリートがあったり、また、マッサージ屋さんがあったり、おしゃれなカフェがあったり、ぶらぶらするのが楽しいエリアです。

日本からの女性観光客にとってはショッピングにテンションの上がるエリアにもなります。

様々な国の店があり、また、色々な人種・文化が集まるエリアで、都心の中で文化の多様性を直に感じることができるエリアでもあります。

第16位:Redang


シュノーケリングやスキューバダイビングが好きな人にとても人気の島で、もちろん純粋にビーチでのんびりしたい♪という人にもおすすめです。

リゾートタイプの宿泊施設が多いため家族連れにもおすすめです。

世界で最もきれいなビーチの一つにも選ばれており、楽しくない訳がありません!

西側・本土のマレーシアの付近では大きい島として認識されるレダンですが、歩いて周れるぐらいのサイズ感であり、ちょっと内陸を散歩してみるというのも楽しい島になります。

年中がシーズンという訳ではないので、しっかり事前に確認して行きましょう!

第15位:Sarawak Cultural Village


生きる博物館とも言われるこの村では、現地の人達の生活を見直にみることができる施設です。

独特の建築様式がそのまま存在していて、その地で長らく住んできた現地民族の昔話などを聞くことができます。

エスニックな経験を直に経験できることが特徴的でダンスパフォーマンスや食事など、自然と歴史、民族の多様性など、さまざまなことを一度に経験することができる場所になります。

第14位:Bako National Park


サラワク州にあるこの公園は、いわゆる外でのアクティビティ・自然が好きな人におすすめの場所になります。

壮大な熱帯雨林や滝、多くの野生動物、ビーチなどがあり、自然そのものを楽しむ目的には最適な自然公園です。

現地ではハイキングプランがあって、ガイドと歩いて希少動物などを見つけたり説明してくれたり、というものもあるので、自身の体力や希望時間と相談しつつ利用してみてください♪

第13位:Christ Church (Melaka)


マラッカのランドマークである協会は、18世紀の中頃にオランダによって建造されたもので、マレーシアに存在するプロテスタント系教会で最も古いものとなります。

独特な色合いの教会で、当時のオランダ様式を象徴しています。

教会だけでなく、町のところどころでマレーシアらしさとはまた異なるオランダ様式を感じられるので、徒歩で散策するのもとても楽しいエリアです。

第12位:Kinabatangan River


この川はマレーシアで二番目に長い川であり、その長さは550キロにも及びます。

多種多様な生き物、例えば、現地特有の象や猿、オランウータンなどを見ることができ、世界に2つのエリアしかない、10種の霊長類が観察できることでも知られています。

現地で生息する野生の鳥の種類も200以上にもなり、その自然に圧倒されること間違いなしです!

第11位:Sipadan


シパダンはスキューバダイバーの楽園とも称されていて、3,000以上の海の生物を見ることができ、豊かなサンゴに囲まれる島です。

死火山が島を形成していて、その山にサンゴ育ち、そのために多くの海の生命の集まる豊かな場所となっています。

大小様々な生物を見れる上、マンタやバラクーダなど、なかなか見れない生物をシパダンで見れることもあり、ダイバーのメッカとして人気のスポットです。

The following two tabs change content below.
かっしー
マレーシア金融庁公認ファイナンシャルアドバイザー。マレーシアの魅力と現地のリアルな情報を伝えられればと思いマイアジで記事を書いています。【かっしーブログ】も是非ご参考下さい!

関連記事