1. HOME
  2. ブログ
  3. クアラルンプールから行く、タイ1週間贅沢旅行

クアラルンプールから行く、タイ1週間贅沢旅行

皆さん旅行は好きですか?マレーシアからアジア圏内は、格安で旅行に行けます。

私はこの前の、ハリラヤ休暇中に、2年前のセブ島留学でのベトナム人のルームメイトだった子と、現地集合・現地解散で一緒に旅行してきました。

今回はマレーシアから行ったこの1週間旅行の気になる旅費を公開したいと思います。

ヨーロッパ・アメリカは航空券だけでも安くて 8万円〜。物価も高いので現地で遊ぶお金を合わせたら、1週間旅行の合計金額は、15万円以上も、、。

それに対して、” マレーシアから行くタイ1週間旅行 ”でのすべての旅費の合計は、 8万円代!

この時期は日本でいう、ゴールデンウィーク、ハリラヤ休暇中の高いシーズンだったのにも関わらず、この価格でした。

なのでシーズンを選べば確実にもっと安く行けちゃいます。

それでは今回の旅行の詳細を紹介します。

これまでの旅行記事も参考にして見てください!!
クアラルンプールに住んでからは旅行が趣味になるという方も増えています!


航空券とホテル代

航空券とホテルの合計:43,600円

クアラルンプールからプーケット

航空会社:マレーシア航空

出発: 9:10 → 到着 :9:45 (1時間の時差)
平均飛行時間 :1時間30分
チケット代 : 7,300円 (安い時:3000円から)
預け荷物:25キロ(含)

プーケットからバンコク

航空会社:ノックエア

出発 11:20 → 到着 12:40 (時差なし)
平均飛行時間:1時間20分
チケット代 + 預け荷物代 : 4300円 (安い時:3500円から)
預け荷物:20キロ (追加料金式+)

バンコクからクアラルンプール

航空会社:マリンドエア

出発11:50 → 到着15:05 (1時間の時差)
平均飛行時間:2時間15分
チケット代:14,000円 (安い時:5700円から)
預け荷物:30キロ(含)

航空券の合計 :25,600円
( 全て最安値で行った場合、計:12,200円)

ホテル代 (1人)

<プーケット:3泊>

場所:パトンビーチ
ホテル名:Burasari hotel
1人:約11,000円

このウェルカムドリンクも美味しく、パトンビーチの目に前で立地もよく従業員皆さんいい方でした。

タクシーの運転手さんのは、そこはハネムーンで使うホテルなのに女2人か!?と100回くらい聞かれました。笑 実際は、家族連れも多く、西洋人が多いイメージでした。

<バンコク:3泊>

場所:カオサン通り
ホテル名:Darm Dorm in the park
1人:約7000円

クラブと飲み屋街の中心地、カオサン通りのど真ん中にあるホテル。

私の友達はお酒が飲めなく、クラブが好きではなかったので、完全にホテルをとるところを間違えました。泣 周りに駅がないので移動はバスかタクシーで少し不便でした。

ホテルの合計 (6泊):18,000円

1週間の旅行中に使ったお金の仕訳

合計、12,150バーツ(約42,400円)

レジャー・観光

<プーケット>
ピピ島アイランドホッピング 2500バーツ(約8,700円)朝の7時から夕方のツアーです。詳細はプーケットの記事をご覧ください!

<バンコク>

Damnoen saduak(ダムヌンサドゥアック) 水上マーケットと象乗り!全部で、2−4時間でした。象にのっている時間は、20分程!ここの場所は少し離れていて、片道タクシーで1時間半です。

初めて乗ったんですが、象の上は結構揺れて、お兄さんも優しく楽しかったです!バナナも1カゴ100バーツ(約350円)で入り口で買います。

水上マーケットと象乗り 2500バーツ(約8,700円)

計、5000バーツ(約17,400円)

交通費

<プーケット>
計:950バーツ(約3,300円)

基本的には、ビーチ周辺でのんびりしていて、観光で使ったタクシー代(400バーツ)だけで、残りは交通費は空港の往復でした。空港からパトンが遠いので、そこが一番お金がかかりました。

<バンコク>
計:1,400バーツ(約4,900円)

バンコクの交通手段は、
タクシー(Grab, メーター)、BTS(高架鉄道)、MRT(地下鉄)、路線バス、トゥクトゥク、バイクタクシーがあります。

交通機関の発達具合や夕方の渋滞の様子など、マレーシアと同じ感じでした。ですがタイには、マレーシアにはない、トゥクトゥクが!結構なスピードが出るので、風が気持ちよかったです。

交通費の合計:2,350バーツ(約8,000円)

食費

<プーケット>

計:2,000バーツ(約7,000円)

プーケットでは、ほぼローカル料理や屋台料理を食べたので、あまりかかりませんでした。写真の料理は左からパッタイ・トムヤムクン・パパイヤサラダ。どの料理もとても美味しかったです。

<バンコク>
計:2,800バーツ(約10,000円)

モールの中で食べれば2人で1食1000バーツ前後、ローカルで食べれば1つ40バーツから何か食べれます。なのでバンコクは、どこで食べるかで出費が大きく変わると思います。ナイトマーケットから日本食までなんでもあるので、食べ物には困らないと思います。

食費の合計:4,800バーツ(約17,000円)

タイ1週間贅沢旅行の出費の結果

“クアラルンプールから行く、タイ1週間贅沢旅行1週間” の出費の合計金額は、8万6千円!!タイで買ったお土産も含め、9万円を切りました。

特に節約したわけでもなく、ホテルもいいところに泊まれて、食べたいものを全部食べて、この価格は、マレーシアにいるからこその特権だと思います。そしてフライト時間も短いので、日本から行くのに比べて着いた時の疲労感もほとんどありません。

今回は航空券が高かったのですが、時期を選べば1週間で合計5〜6万円代も可能だと思います。

マレーシアにからだと、アジア圏内は簡単に行けちゃいます。マレーシアに移住や留学を考えている方も是非参考にしてみて下さい!

The following two tabs change content below.
アバター
98年生まれの転勤族育ち。高校卒業後に語学コースなどを経て、マレーシアの大学 INTI international University に入学。マレーシアでの大学留学生活を中心に、20 代の方がマレーシア生活で役立ちそうな情報を紹介していきます!

関連記事