1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシアでも入手可能!イギリス発のコスメブランド”LUSH” マレーシア店!

マレーシアでも入手可能!イギリス発のコスメブランド”LUSH” マレーシア店!

世界中で人気の化粧品・バス用品店のLUSH。バスボムや石鹸、スキンケアなども含め、色鮮やかなユニークな商品がたくさんあります。

人気なポイントは、肌への負担が少ない、フルーツや野菜を使ったオーガニックなアイテムを使用している事。お店の前、中で商品の実演をしていて、子供から大人まで楽しめるお店だなと言うイメージがあります。

マレーシアには2018年の10月に1号店をパビリオンにオープンしました。

今回は、オープンして約1年経ち、LUSHマレーシア店での人気商品を日本と値段比較しながら紹介していきたいと思います!

マレーシアで人気のコスメ記事もご参考にください!マレーシではお得に買えちゃうんです!

化粧品・バス用品店、LUSHマレーシア1号店

アクセス

モール:pavilion (パビリオン)
階:4階(Tokyo street の下あたり)

マレーシアLUSH1号店の人気商品と値段比較!

RM1=26円で計算しています。

リップスクラブ(LIP SCRUBS)

その中でも人気のフレーバーは、可愛いピンク色の ”バブルガムフレーバー”。

砂糖のスクラブが古い角質を優しく落とし、ホホバオイルが潤いと輝きを与えるリップスクラブ。

使用方法は、中に入っている細かい砂糖の粒のようなものを唇の上に適量を乗せて、指で優しくクルクルとマッサージし、コットンで拭き取るだけ!

唇の古い角質をとって、血行を促進してくれるので、リップカラーやグロスののりと持ちも良くなります!

私も実際にこれを使っていて、ティントリップなどで唇の皮むけしちゃった時など唇がよみがえるので、とっても重宝しています。

<日本での価格>
1,296円/ 20g

<マレーシアでの価格>
RM61(1,586円)/20g

みつばちマーチ(Honey I Washed The Kids)

保湿効果に優れたハチミツを配合した、お肌を優しく洗い上げる石鹸。

ハチミツとアロエベラが潤いを与えて、お肌の乾燥を落ち着かせてくれます。特徴は、この石鹸の甘いハチミツの香り!そして、とっても泡立ちがとってもいい事!洗い終わったら、お肌がモチモチになりました。

<日本での価格>
660円/ 100g

<マレーシアでの価格>
RM85(1,222円)/100g

インターギャラクティック(Intergalactic)


(写真左上)やはり圧倒的人気は、宇宙空間を連想させてくれるこのバスボム!

お風呂の中にこのバスボムを入れると、ペッパーミントの爽やかな香り、宇宙を連想するネオンカラー、星々を表す海藻でできたラメが入っていて、バスタブの中が一気に宇宙空間に!

ただ、ラメが残ってしまってお風呂掃除がちょっと大変という弱点もありますが、それでも皆んなリピしたくなっちゃうバスボムです。

<日本での価格>
830円 /約200g

<マレーシアでの価格>
RM50(1,300円)/約200g

パワーマスク(SP)(MASK OF MAGNAMINTY(SP))


LUSH好きなら絶対知っている、人気商品パワーマスク!!

やはり、マレーシアでも人気商品の1つでした。顔にも体にもマルチに使える、爽快なミントが香るナチュラルなスクラブ入りのフェイス&ボディマスクです。

パワーマスクは2種類あり、パワーマスクとパワーマスクSP。

1つ目の ”パワーマスク”は、余分な皮脂をしっかり落とすので、すすぎ流した後のお肌はすっきりします。2つ目の”パワーマスク SP”は、ハチミツをより多く配合しているのでよりしっとりとした肌触りに仕上がります。

<日本での価格>
1,250円/125g
2,500円/315g

<マレーシアでの価格>
RM85(2,210円)/125g
RM155(4,030円)/315g


LUSH マレーシア店まとめ

マレーシアはお風呂に浸かる文化がないため、バスボムよりもスキンケアグッズの方が人気なのかなという印象を受けました。

購入前に1つ悩んでしまうポイントは、お値段。日本の価格を知っていたらほぼ倍の価格になっていて、少し買うのを迷ってしまいます。。

ですがLUSHの商品は使用期限が比較的短く、短いものだと3ヶ月のものもあります。なので、日本からの発送料などを考えると、マレーシアにも店舗ができたのは、結構大きいかなと思います。

店内ほぼ全ての商品が店頭で、お試しできるのは、LUSHのおすすめポイント!

値段に多少前後はありますが、基本的に日本と変わらずお気に入りのスキンケアグッズも手に入れることができます。これから、マレーシアに移住・就職される方も、安心です!

The following two tabs change content below.
アバター
98年生まれの転勤族育ち。高校卒業後に語学コースなどを経て、マレーシアの大学 INTI international University に入学。マレーシアでの大学留学生活を中心に、20 代の方がマレーシア生活で役立ちそうな情報を紹介していきます!

関連記事