1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシア日帰りでバカンス気分を楽しむことができるカパス島の魅力をご紹介!

マレーシア日帰りでバカンス気分を楽しむことができるカパス島の魅力をご紹介!

マレーシアは南国の国で、いろいろな場所に綺麗なビーチが存在します。

またマレー半島東海岸沿いにはいくつかの島があり、リゾート気分を満喫することができる環境が整っています。

例えばレダン島は日本人の間でも有名で、ガイドブックなどにもよく登場します。レダン島も本当に綺麗で素敵な島なのですが、今回紹介したいのはレダン島の近くにあるカパス島です。

カパス島って聞いてもピンとこない人も多いのではないでしょうか?

まだまだ知られていないカパス島ですが、ローカルの間で大人気の小さな小さな島なんです。

そんな小さなカパス島は実は魅力がいっぱい詰まっています。

旅行を検討されている方はレダン島と比較されて選べてもよろしいかなと思います。
こちらの記事もご参考にください。

本土から近いカパス島

カパス島の魅力の1つは本土から近いということ。

島へ行きたいと思ったらほとんどの場合、1時間ほど(それ以外の時も)フェリーに乗って移動する必要があります。

でもカパス島は本土から近く小さなスピードボートに乗って15分ほどで到着!

島につきビーチでまったりしていると海の彼方に本土が見えます。

肉眼で見ることができるほどの距離にありますので、本当に気軽に島に行くことができるんです。

例えばローカルはお弁当や釣竿を持ってピクニック気分でカパス島へ行き日帰りで戻ってきます(私自身、ローカルの友達とカパス島へピクニックに行ったことがあります)。

ピックニックの目的地が綺麗なビーチっていうのはなんとも贅沢な気分です。

綺麗なビーチを満喫できる

カパス島はまだそれほど有名でないので、ビーチや周辺の自然がほとんど手つかずの状態で残されています。

それで、飾らない綺麗なビーチを満喫することができます。

空の色やちょっとした影によって色が変わるビーチをぼんやり眺めるだけでもとてもいい気分です。

カパス島には小さなカフェやバックパッカーが泊まるような宿泊施設、ダイビングショップなどがありますが、普通のリゾートアイランドにあるようなパラソル付きのテーブルがビーチに並んでいるなんていう光景はありません。

それで本当に自然を満喫することができるんです。

ビーチギリギリのところまで、手つかずのジャングルがあり、ヤシの木などの木が生い茂っています。

本当に自然しかないのですが、それが本当にシンプルな贅沢感を感じさせてくれます。

カパス島は欧米人の間で少しずつ評判になってきているようで、欧米人の姿をちらほら見かけます。

彼らは何をするでもなく、ビーチで日光浴をしたり、本を読んだり、カフェでドリンクを飲みながらくつろいだりと、ゆったりとした時間を過ごしています。

カパス島では波の音を聞いたり綺麗な景色を見たりしながら、そんなゆったりとした時間を過ごすことをオススメします。

シュノーケリングがしやすい

カパス島のもう1つの魅力はシュノーケリングがしやすいということです。

島に行った時の楽しみの1つは何と言ってもシュノーケリングと思っているのは私だけでしょうか?

カパス島の周りをぐるりと取り囲むようにサンゴ礁があるのですが、そのサンゴ礁は岸から本当に近い場所に生息しているので、(もちろん満ち引きによって少し変わりますが)時間帯によっては、3〜5メートル泳いだだけでサンゴ礁を見ることができます。

それで泳ぎがそれほど得意でないという人でも安心してシュノーケリングを楽しむことができるんです。

そしてサンゴ礁の中にはイソギンチャクもあり、そこにはなんとニモ(カクレクマノミ)が!

波に流されるイソギンチャクの間を気持ちよさそうに泳いでいる姿を見ることができます。

ダイビングショップのオーナーによると、カクレクマノミはそれぞれちゃんと自分の家(イソギンチャク)が決まっているようです。

そしてダイバーさんたちはそれを把握し、家族が増えた!などの変化を楽しんでいるとのこと。

小さな島の小さなサンゴ礁ですが家族があったりと小さな世界が広がっている様子に温かい気持ちになりました。

カパス島の行きかたは?

カパス島はトレンガヌ州にあります。

州都トレンガヌ市から車で30分ほど走った場所にマランという町があり、マランからカパス島行きの船着場があり、何軒かのお店が軒を連ねています。

何軒か周り自分が気に入ったお店でチケットを購入しカパス島へ行くことができます。

気軽にバカンス気分を楽しむことができる島

このようにカパス島は本土から近く気軽に行くことができるので、気軽にバカンス気分を楽しむことができる島です。

自然にフォーカスを当てた島で、贅沢なホテル、サービスなどは一切なく、贅沢リゾートを求めている人にはオススメしませんが、パックパッカーのような旅行が大好きだという人にはオススメの島です。

大自然の中で置きっ放しにされたような気分になることができ、自然を満喫できるので贅沢なバカンスを楽しむことができると思います。

The following two tabs change content below.
アバター

yazu

マレーシアの田舎に住み、マレーシア中を渡り歩いています。ローカルと接する機会が多く、彼らの考え方、感じ方からいい意味で(?)影響を受けています。そんなローカル情報を中心にマレーシアらしさをお伝えできれば嬉しいです。

関連記事