1. HOME
  2. ブログ
  3. 気候が穏やかで自然災害が少ないマレーシア

気候が穏やかで自然災害が少ないマレーシア

マレーシアは10年以上の間、日本人にとって移住したい外国ランキングで1位を取り続けています。

背景には経済的合理性や国際教育の観点など様々な理由があると考えられますが、穏やかな気候と自然災害の少なさは大きな加点要素になっています。

私自身、マレーシアに来る前の大まかな想像として、赤道に近い温かい国で

今でもジャングルに住んでいる人がいて槍を持っている人がいるのかなー、、、とも思ったりしていました。

実際に来てみると、槍を持っている人はいませんでしたが、とても気候が安定していて、過ごしやすさを体感しています。

今回の記事では、日本と比較したマレーシアの気候と、それに加えて、いかにマレーシアが自然災害が少ないかをデータを交えて説明していきます。

実際に、マレーシアに長く住んでいる人は、夏に日本に帰ると、「マレーシアの方が全然涼しい、マレーシアに帰りたい!」や

冬に帰った場合には、「東京で3度とか、寒すぎてもう日本無理・・・。」など、完全にマレーシアの安定した気温に慣れてしまっているひともちらほら(笑)

そのことだけでどちらの国が住みやすいかを論じるものではありませんが、マレーシアでの転職・就職、また移住を考えられている人は参考にしていただければと思います♪

マレーシアの気候

熱帯気候って何?

マレーシアの気候は熱帯です。ここで改めて、熱帯という定義についておさらいをしてみます。

熱帯と聞くと、とても暑そうなイメージを連想させるかもしれませんが、本来の定義は、暑さの上限に関してではなく、寒い月がないという考え方に基づいています。

厳密にいうと、最も寒い月の平均気温が18度以上であれば熱帯気候と捉えられます。

余談ですが、他の熱帯気候に該当する国・地域は、インドやフィリピン、インドネシアなどのマレーシアに地理的に近い国や

日本の沖縄や東京都に属する一部の島も熱帯気候の地域として認識されているようです。

マレーシアの平均気温

こちらのグラフのように熱帯気候に該当するマレーシアの平均最低気温は20度を下回ることはありません。

その何が良いかっていうと、いちいち着るものを新しく買ったり調整したり、っていう手間やお金がかなり省かれます(経済的にも精神的にもとても気楽です♪)。

熱い日はもちろんとても暑いんですが、東京ほど過ごしづらさを感じることはないかもしれません。

年配の方に限らず、基本的には穏やかな気候の方が体調管理もしやすいですし、年間を通して大きな気候変動のないマレーシアが日本人にとって理想の移住先の国であることは納得できます。

マレーシアと自然災害

マレーシアは実は自然災害が少ない国の一つとして有名です。

自然災害が比較的多いと認識されている日本と比べるとその違いは顕著かもしれません。

以下で2つの自然災害、台風と地震のマレーシアでの発生状況を検証してみます。

全く無いと言える台風被害

こちらの写真をご覧ください。

(台風経路マレーシア写真)

青い線は台風・ハリケーンの発生からの進行経路になります。真ん中がぽっかり空いていますよね。ここにマレーシアやシンガポールがあります。
参考までにこちらが日本の上空です。


(台風経路日本写真)

マレーシアと日本を比較すれば、台風に関してはマレーシアはかなり恵まれていると言えます。

気候変動が世界各地で起きているので、今後もこのままだという保証はありませんが、台風やハリケーンは現状無いと考えてよいと思っています。

震源地が無いマレーシア

過去数十年以上に渡る東南アジアエリアの震源地の記録がこちらになります。

白い点が震源地で、点が大きければ大きいほどマグニチュードが大きかったことを示しています。ちょうどマレー半島とタイ南部の付近を見ると白い点が全くありません。

今更日本と比較する必要はないと思いますが、やはり地震がないという安心感はとても大きいです。

事実として2011年の大地震の後にマレーシアへの移住が加速したとの話を人材紹介会社の方々から聞いたことがあります。

気候や災害を考えるとマレーシアに分がある?

年中温かいマレーシアに住んでいると、確かに過ごしやすさを感じます。

日本だと特に春や秋は急に熱くなったり寒くなったりして

変化に応じて服装を調整しなければなりませんし、場合によっては体調を崩す原因にもなったりします。

そのような心配をしなくて良いというのはやはりマレーシアならではの魅力です。

この点については年配の方々だけでなく、30代40代の人たちも口を揃えて同じことを言っています。

それに加えて、台風や地震の心配をしなくてよいと考えると

特にそれらの災害に過去において苦しむことが多かった日本人からすると移住した国ランキングNo.1になるのは頷けます。

本記事では気候などの側面にだけ触れているので、マレーシアが素晴らしく住みやすい国で、日本がそうではない、ということではありません。

間違いなく日本の方が圧倒的に優れている面はあります。

マレーシアでの海外就職・転職や移住を考慮する場合に、経済的な面や安全面など多角的に判断をする必要がありますが

是非今回記事内で触れた、気候や自然災害の面も含めてご検討されるのが良いと思います!

The following two tabs change content below.
かっしー
マレーシア金融庁公認ファイナンシャルアドバイザー。マレーシアの魅力と現地のリアルな情報を伝えられればと思いマイアジで記事を書いています。【かっしーブログ】も是非ご参考下さい!

関連記事