1. HOME
  2. コラム
  3. 【コラム40】英語 怪我するよって英語でなんて言うの?

【コラム40】英語 怪我するよって英語でなんて言うの?

The following two tabs change content below.
おはなたん
マレーシア好きな元英会話講師。ペナン島に留学後、マレーシアの暮らしやすさに惹かれクアラルンプールの企業に就職。海外生活で使える英語フレーズを紹介しています。
おはなたん

最新記事 by おはなたん (全て見る)

以前「危ない!」の英語フレーズを紹介しましたが、それに付随して今回は、「怪我するよ」というフレーズを紹介します。

特に親から子供へ使うこともあるかと思うこの表現、是非覚えて使ってみてください♪

前回のおはなたん英語はこちら

You could get hurt.

Couldは、Canの過去形として「~することができた」という表現の方に馴染みがあるかも知れません。

しかしCouldは、「~かもしれない」という可能性を表すことができます。

このフレーズを使うことで、危ないよ!と伝えるより、具体的にすることができます。

下記の例文を見てみましょう。

例文

A. Mommy, Let me help you with dinner prep!
B. Thank you.
A. Can I cut an onion?
B. Yes please. But be careful with the knife. You could get hurt.
A. お母さん、ご飯準備手手伝うよ!
B. ありがとう。
A. 玉ねぎ切っていい?
B. お願い。でも包丁に気を付けてね、怪我するよ。

起こり得ることのCould

未来の可能性なのでwillという助動詞を使いYou will get hurt.と言いたくなってしまいますが、willが表す可能性はかなり高いので、「(ほぼ確実に)怪我をするだろう」「怪我をする予定だ」というような、微妙に変な言い方になるので注意したいですね。

個人的にDon’t~という否定文を使わずに注意したいので、よく使います。

みなさんもぜひ使ってみてくださいね!!

The following two tabs change content below.
おはなたん
マレーシア好きな元英会話講師。ペナン島に留学後、マレーシアの暮らしやすさに惹かれクアラルンプールの企業に就職。海外生活で使える英語フレーズを紹介しています。
おはなたん

最新記事 by おはなたん (全て見る)

コラム

コラム一覧